2015-04-30 16:04 | カテゴリ:other
みなさま、こんばんはー






実は今、シンプルな無地のTシャツが豊富な店内。






蜀咏悄+2015-04-25+15+24+24_convert_20150426155521





左から、ARMEN、ORCIVAL、GYMPHLEXなんですが、






一言で白いTシャツと言っても、やはりそれぞれに個性があるもの。






そこで、着比べてみることに







                  蜀咏悄+2015-04-25+15+35+03_convert_20150426155905
                     * ARMEN コットンクルーネックTシャツ ¥5,000(+TAX) *






中でも最もシンプルなのが、ARMEN。





これぞシンプルの王道です お次は・・・







                  蜀咏悄+2015-04-25+15+38+12_convert_20150426162719
                 * ORCIVAL ムジクルーネックTシャツ(size:0,1) ¥4,800(+TAX) *






パッと見は何も変わらないようですが、やはりそこはORCIVAL、裾には蜂のマークが付いて、







蜀咏悄+2015-04-25+15+38+38_convert_20150426162741   左右の切り込みが入っています。







                   蜀咏悄+2015-04-25+15+40+46_convert_20150426163214
                  * GYMPHLEX ムジクルーネックTシャツ(size:12,14) ¥4,800(+TAX) *   







最後はGYMPHLEXで、こちらは大きく違うのがポケットと、







蜀咏悄+2015-04-25+15+45+00_convert_20150426163235   これがなくては始まらない、ニャー付き。







うん、無地のTシャツの世界って、深いんですね








ちなみにTシャツ選びにあたって、大きな判断基準となる襟の具合も比べます。






蜀咏悄+2015-04-25+15+06+00_convert_20150426164100


蜀咏悄+2015-04-25+15+09+54_convert_20150426164205


蜀咏悄+2015-04-25+15+10+14_convert_20150426164231






おー、やっぱり違う






こうやって見ると、GYMPHLEXが一番首が詰まっているので、開きが苦手な方にはオススメですね。






逆に、苦しいと感じる方には、ARMENかORCIVALがよさそうです。








お色はざっくり、こんな感じです。




蜀咏悄+2015-04-25+16+02+54_convert_20150426164642   ARMEN は4色、


蜀咏悄+2015-04-25+16+04+01_convert_20150426164703   ORCIVAL も4色、


蜀咏悄+2015-04-25+16+06+04_convert_20150426164730   GYMPHLEX は5色となっております。









そもそもクルーネックが苦手、というみなさまにはこんなタイプもご用意しております







                   蜀咏悄+2015-04-25+15+51+13_convert_20150426163839
                   * ORCIVAL 40/2ドロップショルダー半袖 ¥6,800(+TAX) *





こちらのタイプはお袖は短めですが、ボートネック好きのみなさまのハートはガッチリ掴むはずでございます






蜀咏悄+2015-04-25+15+51+46_convert_20150426163909   ね?安定のボートネック。






こちらもお色はざっくりと、


蜀咏悄+2015-04-25+16+08+06_convert_20150426164930   4色ございます。






悩みだしたら止まらない、白Tシャツ問題





でもあれですよ、決まらなかったら2,3枚パッと買っちゃえばいいんですよ





お値段的にもそれができちゃうのが、無地Tシャツのいいところでもあるんですよね~

(う)